あらかた 意味

あらかた 意味

あらかた 意味



「あらかた」の意味は 全部とまではいかなくても、ほぼそれに近い部分のこと。Weblio国語辞典では「あらかた」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

 · 粗方(あらかた)とは。意味や解説、類語。[名]1 全部とまではいかなくても、ほぼそれに近い部分。大部分。「クラスの粗方が進学希望だ」2 (副詞的に用いて)㋐大部分。およそ。「仕事は粗方かたづいた」㋑だいたいの数量をいうときに用いる。およそ。ざっと。あらあら。「参加人員は粗方五〇人だ」[形動ナリ]手の入れ方などが細かい所まで行き届いていない ...

出典: https://pixabay.com/ja/photo-3984876/. 「あらかた」は 漢字では「粗方」 と書きます。. ほとんど全部という意味 で、粗方という漢字のとおり、大雑把に全体を見る場合に特に使われます。. あまり細かくはないイメージですね。. また、 「およそ」の代わりにだいたいの数量を言う言葉 として、希望者はあらかた 人だというように使われることもあります。.

あらかたの言い換えや別の言い方。・意義素類語大部分において通じて ・ 大抵 ・ たいてい ・ ほぼ ・ ほとんど ・ おおく ・ 大部分は ・ 総じて ・ 主として ・ 概して ・ 大方 ・ おおかた ・ 主に ・ 多く ・ …

あらかた. 意味. だいたい。. ほとんど。. おおかた。. 大部分。. 例文. 「作品は―出来上がった」. 類語.

霊験あらたか. 読み方: れいげんあらたか. 別表記: 霊験灼か. 神仏 による 効験 が 明らかに 表れる さま。. 神仏 が 著しく 感応 するさま。. 「 霊験灼然 」( れいげんいやちこ )などとも言う。.

「あら」の意味は物事に感動したり、驚いたり、意外なことに気がついたりしたときに発する語のこと。Weblio国語辞典では「あら」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

「神や仏がもたらす信じられない様な体験」 という意味です。 本来ならば無理と言われた状況が好転したり、思わぬ利益を得ることなどがあります。

意味は「しんどい」「だるい」で、東海地方から甲信地方、福井など広範囲に渡り使われている。他地域では「すぐれた」「偉大な」という意味でのみ用いられるので注意。体調が悪くバイトを休みたいときは「身体がえらい」ではなく「体調が悪い」と言い換えよう。

皆さんは「ほぼ」という言い回しをご存じでしょうか。全体のうちのあらかた、だいたい、おおよそ、という意味です。こうした類語も含め、普段の会話で使うことも多い言葉です。ここでは、「ほぼ」の意味や使い方を類語を含め紹介していきます。

あらかた 意味 ⭐ LINK ✅ あらかた 意味

Read more about あらかた 意味.

elenayakovleva.ru
lt-r.ru
avtolombard97.ru
ask-groups.ru
shoeshunter.ru
prague-hotel.ru
kolodcyspb.ru
balkan-consul.ru
ectopic-pregnancy.ru
inviznet.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
If television shows continue the way they're going, the public will soon be demanding longer commercials.
Guest

Nature is the art of God.

Guest
Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.
Calendar
MoTuWeThFrStSu