抜山 蓋世 意味

抜山 蓋世 意味

抜山 蓋世 意味



抜山」は山を引き抜くこと。「蓋世」は世を覆う、世を圧倒すること。「力は山を抜き、気は世を蓋おおう」の略。「山やまを抜ぬき世よを蓋おおう」と訓読する。

デジタル大辞泉 - 抜山蓋世の用語解説 - 《「史記」項羽本紀から》山を抜き取るほどの力と、世をおおいつくすほどの気力があること。英雄豪傑の力と意気の形容。力(ちから)山を抜き気は山を蓋(おお)う。

「抜山蓋世」の意味は《「史記」項羽本紀から》山を抜き取るほどの力と、世をおおいつくすほどの気力があること。Weblio国語辞典では「抜山蓋世」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説していま …

四字熟語「抜山蓋世」の意味。抜山蓋世とは、気力が充実していて、盛んな勢いがあること。山を引き抜いて、世界を覆いつくすほどの力という意味から。古代中国の戦国時代、楚の項羽が漢の軍に包囲されたときに、虞美人と最後の酒を交わしながら、自らを鼓舞するために詠んだ詩の一節から。「山を抜き世を蓋う」とも読む。…

準1級. 【意味】. 山を引き抜くほどの強大な力と、世を覆いつくすほどの気力があること。. 圧倒するほどの威勢がきわめて盛んなさま。. 「抜山」は山を引き抜くこと。. 「蓋世」は世を覆う、圧倒すること。. 【語源・由来】. 「史記」項羽紀より。. もとは漢の劉邦と天下を争った楚の項羽が、寵愛の虞美人と最後の酒宴を催した折に、自分を奮い立たせるために ...

 · 「抜山蓋世」の意味は? 「抜山蓋世」とは「山を引き抜くほどの大きな力と、世を覆い尽くすほどの気力がある」という意味です。 威勢があり、強靭な力の持ち主であることを表現するときに …

抜山蓋世【ばつざんがいせい】 【意味】 山を 引き抜く ほどの力と、世を蓋い 尽くす ほどの気力。�

 · 抜山蓋世(ばつざんがいせい)とは、気力が盛んなことを意味します。

「抜山蓋世」。見かけたことはあっても、意味をよく知らない人は多いかも. 見かけたことはあっても、意味をよく知らない人は多いかも。次の ...

抜山 蓋世 意味 ⭐ LINK ✅ 抜山 蓋世 意味

Read more about 抜山 蓋世 意味.

strekoza-tours.ru
ksktiksi.ru
stusha.ru
color45.ru
kreditizaim.ru
filmking.ru
slesar-santehnic.ru
rufomira.ru
convolut.ru
kinobug.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
We never miss the music till the sweet-voiced bird has flown.
Calendar
MoTuWeThFrStSu